レディー

家を建てる前に液状化対策は必須!地震に備えよう

飲み水を確保できる

井戸

水道が止まった場合でも水を確保できます

井戸は災害時に水を確保できる設備として、昨今では重要性が高まっています。大地震など大きな災害が発生すると水道が使えなくなる可能性があります。こうなると水の確保は困難となります。火災の発生など水が必要となる場面も想定され、災害時にいかにして水を確保するかは重要な問題となっています。井戸掘りをしておけば水道が使えなくなった場合でも、水には困らなくなります。最近では、個人の他にも自治体でも井戸掘り工事を行って万が一の事態に備えるケースが増えてきています。あるいは、自治体が個人と契約して災害時に井戸を使わせてもらう協定を結んでいることもあります。この先、災害への備えの一環として井戸の存在感は高まっていくに違いありません。

井戸を利用する上での注意点があります

井戸掘りを行う上で気を付けなければならない点があります。井戸水には人体に有害な物質が含まれている場合もあり、飲み水に利用するには注意が必要となります。災害時には井戸水を飲むという場面も想定されます。いざというときに困らないように、井戸掘りが終わったらすぐに水質を検査してもらうのがお勧めです。また、井戸水は自然に地上まで湧き出てくるケースはほとんどありません。そのため、ポンプなどを使って地上に汲み上げる必要があるのです。ポンプは電力で駆動させるタイプが大半ですが、災害時には電気も使えなくなる可能性があります。もし可能であれば発電機を用意しておくと、電気が止まった場合でも井戸を利用することができます。